ウメとウグイス

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
紀伊国屋パラダイス
仕事帰りに、デパートに寄ろうか、本屋に寄ろうか、迷った挙句、
紀伊国屋に行くことに決めた。
二者択一にしてしまうほど、本屋さん滞在時間が長くなりそうな気がして。

会社の近くにある紀伊国屋まで歩くこと10分。
先日新聞で見かけた「いつまでもデブと思うなよ」が平積みされてたので
買うことに決めた。何かちょっと面白そうが気がした。

それから料理本コーナーに行き、シャンパンやワイン、日本酒について
書かれた本をパラパラ読んでみたりした。
シャンパンの科学の本は、新聞に載っていて、気になってたけれど、
本当に科学的なことが書かれていたので、やめた。
結局、日本酒の本を買うことに決めた。
一度、日本酒のことをちゃんと知りたいと思っていたのだ。
もっと知れば、もっと選び方も変わるだろうし。

次に、文庫本コーナーに行った。
最近、島田洋七(びっくりするほどすぐに読める)、東野圭吾など、
ちょっと流行の人の本ばかり読んでいたので、
少しかための、日本語のきれいな人の本を読みたいと思い、
ベタだけれど、三島由紀夫と谷崎潤一郎の本を一冊ずつ買うことにした。
どちらも美を意識した作品が多いので、日本語もきれいだと思う。
登場人物の女性の言葉遣いとか。
「きっと●●なさってね」とか今の時代に、どこで使おうか難しい表現も
多いけれど。
適当な言葉で片付ける乱暴さに疲れたら、こういう本で、空気を入れ替えてみる。

そして、最後に、児童書コーナーに。
友達2人の子(各1歳)に、クリスマスに絵本をプレゼントしようと思って。
クリスマスの本にしようと思ったけれど、何か、絵がかわいくないし、
絵や物語がかわいい!と思ったら、対象年齢が結構上。
年齢別絵本コーナーに行ったけど、どうにもピンとくるものがない。

私は、こどもの頃、1歳位から毎晩2冊くらい本読みしてもらってたし、
本もたくさん買ってもらってたし、幼稚園でもたくさん借りてたし、
絵本大好きだから、こどもの目線で考えられるだろう、と
たかをくくっていたけれど、実際は、音の出る絵本、とか、
ピアノがひける絵本、とか、大人目線で「こどもが興味もちそう」と思った本ばかり
手に取ってしまっていた!
私も齢31、立派な大人なんだから、仕方あるまい。
実際、音が出たりする仕掛け絵本は、きっとこどもは面白がるんだろうな。
でも、何度も繰り返して読む本って、音より物語や絵に惹かれていたような気がして、
結局、絵と物語のかわいい、くまの本を買った。
くまのシリーズの本。激しくかわいい。
2冊べつべつのを買い、くま柄の包装紙に包んでもらった。

最後に、「料理王国」という雑誌を少し立ち読みしてみたら、
シャンパンやワインに合う料理を特集していて、素敵だった。
ワインはカタカナだし、産地も品種も多すぎて、難しすぎる。
でも、いつか、きちんと、勉強してみたい。

そんなこんなで本をたくさん買って、その重さの分、幸せな気分で家に帰りました。
1時間半くらい、居たので、ちょっと疲れた。
今日は、仕事以上の充実感に浸れました。
| ウメ | ひとりごと | 22:59 | comments(2) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 22:59 | - | - |
ウメさん、こんにちは。お久しぶりです。
自分はいつの間にか職を変え、今は書店で働いています。

児童書選びは難しいですよね。
たまにお客様に「○歳くらいの子供にどんな本を贈ったらいい?」と訊かれて悩むことがあります。
音や仕掛けより、絵や物語で選ぶほうがやっぱり飽きないんじゃないかなと、自分も思います。今でも昔読んでいた絵本、覚えていますし。

よい本との出会いがありますように。

| waterscape | 2007/12/17 1:07 AM |

waterscapeさん!お久しぶりです。
驚きました!いつの間にか本屋さんで働いていらっしゃるのですね!びっくりしました。
本屋さんも、ディスプレイとかで売上が左右されるって
いうし、そういうことを考えるのは、難しいけれど
やりがいがあるんだろうなあ、と思います。

さてさて、児童書選びは、本当に難しかったです。
紀伊国屋は、クリスマス特集も、年齢別になってたし、
普通の本も年齢別に並べてあるんですけど、
シリーズ本とかは、普通に棚に入っているので
もう何歳向けなんだかさっぱりわからず、困りました。
でも、探すのは楽しかったです♪

本の後ろに対象年齢が書いてあるとまだ参考になるんですけどね。「この本のねらい」とか書いてあると、大人側の意図で
作られていたんだなあ、と当たり前のことだけど
びっくりしました。

私が初めて、「買って」とねだって買ってもらった本は
「あしにょきにょき」です。今考えても、2歳の私にとって
どこらへんが魅力的だったのかよくわからないんですが、
今でも大切にしています。本との出会いで人生が少し
変わることもありますから、waterscapeさんのお仕事、
素敵ですね。いいなあ、転職できて。

がんばってくださいね☆*:・’゜
| ウメ | 2007/12/19 11:38 PM |










http://plum.jugem.cc/trackback/412
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/12/11 11:56 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/12/12 2:19 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/12/27 9:43 AM |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

このページの先頭へ