ウメとウグイス

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ミイラ三昧
チケットがあるから、と誘われて、
京都文化博物館の「ナスカ展 地上絵の創造者たち」を観に行きました。
意外にも、多くの人で賑わっていてびっくり。
最初の方からいきなり並んでいたので、いつもならじっくり観たいと思うけれど、
どうやら壷だったので「壷だし飛ばそう」と後ろの方から遠巻きに眺めていたら、
ほとんど壷だったので、ものすごい速さで、観終わってしまい、
あらら、という感じになってしまいました。

この地は、雨がほとんど降らないらしいので、水をためておく貯蔵容器が
必要で、だから、壷にたくさん絵が描かれているのかな、と思いました。
壷を見た私は、「そこらへんに売ってそう」と言ってしまいました。
子供のお皿とかに描かれてそうな絵に、私には思えました。

そんな感じで快調に飛ばしていたら、ミイラのコーナーに。
これまで観たミイラは、静かに横たわっているものばかりだったのに、
ここで展示されていたのは、座っている6歳の子供のミイラでした。
とても小さく、かつリアル。
びっくりしていると、その奥に大人のミイラが。
ミイラは、人工的に作られることもあるけれど、自然にできることもある、と
いうことで紹介されていましたが、自然なだけあって、ものすごい苦悶の表情で、
歯をむきだしにし、両手で顔を覆っていて、その最期が穏やかじゃなかったことを
容易に想像させられるものでした。
一言でいうと、怖かったです。
もう、一瞬見ただけで、逃げたくなるような。
それを見るのも失礼な気がしました。見世物じゃないのに。

その後は、頭蓋骨、壷、壷、とこわいかゆるいかの、極端な展示がつづき、
鑑賞時間が短かった割には、精神的にとてもつかれました。
最後に、ナスカの地上絵の解説。やっと、心穏やかになれた瞬間でした。
やっぱり、私は、仏教とか、西洋画とかが向いているように思います。

散々懲りたはずなのに、今日、テレビでエジプトの謎番組と、
インカ帝国の謎番組があり、見ていたら、両方ミイラが出ていました。
これまで生きてきて、こんなにミイラを見た事はなく、ちょっと動揺しています。

砂漠や乾燥地帯の文化は苦手だと痛感しました。
この秋の、狩野永徳展を観に行こう。
| ウメ | 京都のイベント | 00:02 | comments(0) | trackbacks(6) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:02 | - | - |









http://plum.jugem.cc/trackback/409
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/09/25 12:52 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/09/25 12:53 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/09/25 6:43 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/10/03 1:59 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/10/03 2:19 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/10/05 2:16 PM |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

このページの先頭へ