ウメとウグイス

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
新鮮なお魚のせいで
境港のお刺身.jpg

見ているだけで、日本酒が呑めてしまいそうなほど、新鮮。
な、な、なんと1000円也。


以前から行きたかった、大阪の布施(東大阪)のお魚専門の居酒屋に行った。
正直、お店は小屋的な感じで、おしゃれ感とか求める女子には
全く受け容れられない外見である。
足を踏み入れれば、各テーブルで干物を焼いているために
もわんもわん煙が充満している。自分までいぶされそう。

何が素敵って、鳥取の境港から仕入れているというのに、
何もかもが安いのである、いか1杯300円、さんま1匹100とか、
全体的にこんな感じの価格設定。おまけに美味しい。

鳥取出身の私のアドレナリンが分泌されっぱなしになるのも
無理もないというものだ。テンションの下がる暇もない。

特に感動したのは、「ばばあ」という魚が置いてあったこと。
誰も知らないであろうこのマイナーな魚は、名前の通り、見た目が美しさから
限りなく真逆な風貌。顔を見たら食欲も失せるし、肌の色も気持ち悪い。
なのに、白い身は、淡白でふわふわで、旨みがあり、
「外見だけで判断しちゃってごめんね、さっきのは撤回、撤回」と
言いたくなるほど美味しい。
人でも魚でも、見た目で判断しちゃいけない、ということを、学ばされる。
ともあれ。
関西ではほとんど目にしたことはないので、とても嬉しく、味わって食べた。
あとは、かれいや「はたはた」という日本海でとれる魚を、干物で。

恐ろしいことであるが、この日、私と友人は、気付いたら
ふたりで日本酒1升を飲んでいた。
ビールも飲んでいたというのに。
しかし、しかし。言い換えれば、それほどお魚が美味しいということかも。
そうだ、そうだ、そうに違いない。そう思いたい。

私は、「お酒を美味しそうに飲む」「楽しく飲ませてくれる」と
言われるのだけれど、この日も、隣に座った見知らぬ人に、
「すごく楽しそうですね!」と話し掛けられた。
おまけに毎日楽しそう、とまで言われた。そこまで言われて、やや複雑であった。
どうしていいかわからなかったので、「ばばあ」について熱くお薦めしてみた。

最後の言い訳が長くなってしまったが、
やはりお酒はほどほどが一番だと思う。

布施まで行ってもいいという方は、是非足を運んでみてください。
| ウメ | ごはん | 16:08 | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 16:08 | - | - |
ウメさん、こんにちは。
お魚、とってもおいしそうですね。
お酒が進むのもわかります(笑)

「ばばあ」というお魚は初耳でした。
どんな外観で、どんな味なのか、とても興味があります。

自分も少し前に新年会があって、久しぶりに楽しいお酒でした。
やっぱり楽しいお酒が一番ですね。
| waterscape | 2007/01/28 11:17 PM |

waterscapeさん、こんばんは!!
おつかれさまです。

新年会、いいですねー。
忘年会に比べて数は少ないし、小規模なものが
多いので、うらやましいです。
やっぱり、大勢でにぎやかに呑むのって楽しいですね。
普段はあまりお酒を飲まれないのかな?

私は、飲む回数が増えたので、
まっすぐ家に帰って、普通にごはんを食べる、平凡な
時間が最近貴重に思えてきました。。。
| ウメ | 2007/02/01 10:11 PM |










http://plum.jugem.cc/trackback/381
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/01/27 6:10 PM |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

このページの先頭へ