ウメとウグイス

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
鰻たべすぎた
ひつまぶし!.jpg

食べものに、罪はないけれど。

名古屋にいきました。

やはり、その土地の美味しいものが食べたい。
色々調べて、まずは、ひつまぶしを食べに行く事にしました。
名古屋は浜松が近いからでしょうか。鰻屋さんがいたるところにあります。
でも、素人には選ぶ眼力がある訳もなく、素直に有名店、あつた蓬莱軒(本店)
に行く事にしました。熱田神宮など目もくれず、ひたすら鰻目指してぴかぴか

趣のある1軒家。
混むとは聞いていましたが、12時前に着いた時には
すでに45分待ち。びっくりしましたが、それくらいなら待とう、と頑張って
微動だにせず待ちつづけましたハイヒール
門内に、客の人数や整理をするおじさんがいますが、この人があまりにも
非効率なさばき方をするので、お客さんの管理が全くできていません。
45分を過ぎても一向にお客さんが店内に入る気配はありません。
お店の外一杯に集まった人達の問い合わせにも「今ちょっと遅れてまして
20分から30分かかりそうですねー」と、全く謝る気配がない。
聞いた人はわかっても、ただ大人しく待っているだけの人には
どれ位かかりそのか、全くわからず、みんなそわそわし、子供は泣き出す始末汗

時間が来たらちゃんと名前を呼ぶ、といっていたけれど、ちょっと大声で呼ぶだけ。
その間、場所を離れていたり、ちょっと門の外にいるだけで、聞こえない人たちは、
いないと見なされて順番を抜かされたりしていました。
しかも、「●●さま、■■さま」と呼ぶので何かと思うと
「名前の確認です」ですってあせあせ

結局待ちに待たされて2時間。
信じられない。でも、今更引き下がれない。
おじさんに食いつく人もいる。おじさん薄笑いを浮かべつつ謝らず。
私も問い合わせをしてみたところ、「もうちょっとかかりそうですね」。
「もうちょっとって、具体的に何分くらいなんですか!!」とカリカリしてみつつ
聞いたら「すみません」と初めて謝ったむかっ
でも、結果的に順番を抜かされて、結局、食べられたのは15時。3時間も待った。
女性のスタッフも、忙しいのはわかるけれど、客に聞こえるような大声で
別のスタッフに怒ったり、目も見ずに笑顔も見せずに「ありがとうございました」
と言っていたり、サービス業とは思えないような感じ。
もちろん、中には優しい女性スタッフもいましたが。

魂を完全に抜かれたような状態で、ひつまぶしを待ちつづけること数十分。
――ゆるす。とりあえず、ゆるす。
すごく美味しかったです。ふわっとふっくら肉厚な鰻、コクはあるのに
味はあっさり目。ごはんも炊きたてなのか、押し込まれている割には
粒のひとつひとつがちゃんと並んでて、うまみがありますぴかぴか



1杯目は、普通によそって。
2杯目は、ねぎ、わさび、のりなど、薬味を乗せて。
さっぱりしていて、また違った風味になり、味わっていただいた。
3杯目は、そこに出汁を加えてお茶漬け風に。
こってりしつつも、さっぱりしていて、飽きずに食べられる。

美味しい。すごく美味しい。
商品は素晴らしい。けれど、少し後味の悪い思い出になりました。
| ウメ | ごはん | 10:43 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 10:43 | - | - |









http://plum.jugem.cc/trackback/358
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/04/24 10:35 AM |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

このページの先頭へ