ウメとウグイス

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
大絵巻展(京都国立博物館)
大絵巻展.jpg

絵巻だらけ。看板まで、絵巻。

七条の京博で開催中の、「大絵巻展」に行きました。
源氏や鳥獣戯画などの有名どころや、信貴山縁起絵巻、
法然上人絵伝など、ちょっと地味なものまでものすごい種類の絵巻が
一同に会しており、とても豪華な特別展です。

でも、絵巻です。

地味なので、そんなに人はいないだろうと
たかをくくっていたのが間違い。

なんと。
入館に50分もかかるとのことで、長蛇の列が出来ていました。
絵巻なのに(絵巻、ごめん)。

いくら、鳥獣戯画とかがあるからって、通な人しか来ないと
思っていたのですが、絵巻、大人気で意外でした。

入館してからも、そぞろ歩きで1時間半。
内容は正直、浅く広く、という感じではありましたが、
でも、あれだけの数の絵巻を揃ってみられるのは
そうなかなかないので、見る価値はありました。

6月4日(日)まで。
| ウメ | 京都のイベント | 00:45 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:45 | - | - |
ウメさん、こんにちは。

また魅力的な展覧会ですね。
絵巻物という編集方法にかなり興味引かれます。

一枚の紙にコマ割りもなく物語を綴るって、どういう形式なんだろう。実物をじっくりと見てみたいです。

今日までなんですね、行けないなぁ、、、
| waterscape | 2006/06/04 12:15 PM |

waterscapeさん、こんにちは!
絵巻展は、時々いろんなところで開催されていますし、
国立博物館は東京にもあるので、
また機会があると思います。
そのときは、ぜひ♪

ほんとに、絵巻の編集方法って不思議ですよね。
文字、絵、文字、絵、って感じのものもあれば、
絵の上に文字が書いてあったり。
冊子と違って、スペースが広いので、
ダイナミックな構図が可能になるっていうのが
絵巻のよさかもしれないですね。
持ち運び、便利だし、くるくる撒きながら読めるから
場所とらないし。

でも、もし、今、本が絵巻形式だったら
巻くのが嫌になってきーってなりそうですが・・
| ウメ | 2006/06/05 1:08 PM |










http://plum.jugem.cc/trackback/330
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

このページの先頭へ