ウメとウグイス

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
阿佐ヶ谷スパイダーズ
チケットがあまったから来ない?という
なんとも嬉しいお誘いをいただいたので、大阪ビジネスパークにある
劇場で開催されていた、阿佐ヶ谷スパイダーズの「少女とガソリン」を観た。
私は、小劇場系のお芝居を見るのは、これが初めてだったのだけれど、
非常にエネルギッシュかつ、緻密なつくりになっていることが、
素人にもわかり、何て素敵なんだろう!!とすっかり嬉しくなってしまった。

あと、クリエイティブさも尋常ではない。
感性のある人って、本当に尊敬する。少し、感性の2%くらい、
分けてもらえやしないだろうか?
ああ、そうだ。このことを、アンケートに書けばよかった。
次回は、必ず、書こう。

長塚京三さんの息子さんが主宰されているのだけれど、すばらしい。
何か、こつこつ活躍されてるんだな、とわかりもしないのに
勝手に認識していたことを、恥じた。

こんな発見をくれた友達に、感謝。
| ウメ | ばら色 | 00:38 | comments(2) | trackbacks(1) |
バレンタインのおくりもの
バレンタインの日、ちょっと離れたところに住んでいる友人から、
チョコレートが届いた。
女子のわたしが、もらえると思っていなかったので、すごくうれしかった。
しあわせでした。かみしめて食べました。

夜。
友達とワインとか日本酒とか飲んで、爆笑していました。
ロマンティックさ、ゼロ。

そんな感じであっという間に終わった1日でした。
| ウメ | ばら色 | 09:51 | comments(0) | trackbacks(1) |
よい一年になりますように
新年あけましておめでとうございます。
今年も、不定期ではありますが、時々更新しますので、
気が向けばよろしくお願いいたします。

抱負総括。
去年は、教室に通った事で、老若男女関係なく、人間関係が
とてもとても広がり、人の縁に恵まれたよい一年でした。
あたらしい人の価値観に出会うって、なんて素敵なことなんだろう!と
気付かされ、今年もまた、いろんな人に出会い、楽しく笑い、
幸せをわかちあえる年にしたいなと思う次第です。

新しい世界。
私は人に会うことで元気をもらえる方だと思うので、
今年も好奇心と身の丈のバランスをとりつつ、いろんなことに挑戦したいです。

そして、転職転職。
いまをしっかりみつめて、方向を定めようと思います。
自分を信じて。

お酒。
お酒は飲み過ぎてはいけません。
お酒も好きだけど、お酒を媒体に、いろんな人と楽しく仲良くなれる
あの雰囲気が大好きです。
ほどほどに、便利なツールだとわきまえて利用しなければ。

思うにまかせて、抱負を記してみました。
今年も、よい1年になりますように。
皆さまにとっても、素晴らしい1年になりますように。
| ウメ | ばら色 | 15:11 | comments(0) | trackbacks(102) |
合格!!祝合格!!
非常に個人的なことで、
恐縮のきわみですが。

落ちたと思ったフードコーディネーターの試験に合格しました。
ああ、よかった。
| ウメ | ばら色 | 23:03 | comments(2) | trackbacks(1) |
ボジョレーのおかげ
先日解禁になった、ボジョレー・ヌーヴォーのパーティがあったので、参加。
真昼間から、赤、白、赤、赤・・・とひたすらのみ、
ボジョレーの生い立ちをレクチャーしていただきつつ、
美味しいフレンチをつまみ、終いにはテキーラまで飲み、
陽気な一日を過ごした。気が付けば夕方、そこから二次会があり、
さらにビールを何杯か飲んだのに
時間をかけているからか、一向に酔わない。
こんな楽しいお酒もあるのか、と嬉しくなった。
ボジョレーは、生まれたての赤ちゃんみたいな、あどけない味だった。
※こう書くと、私が赤ちゃんを食べたみたいであるが、あくまで比喩である。

何より嬉しかったのは、色んな職種の人に会えたこと。
年齢も性別もばらばらの人たちが、小さな空間に集っている。
地位のある舌の超えていそうな大人の方が多かったので、
三十路になった私も、若輩者だな、とつくづく思った。
何年ぶりかに、若い人扱いしていただいた。ありがたい。
ありがたいとか言ってる時点でアウトな気がするが。

相当歳の離れた方たちと、お知り合いになれた。
人の縁って、素敵。そして、不思議。
そして、そこからまた人の縁が広がってゆくのだ。
また、いくつか宴にお誘いをいただいた。
ボジョレーありがとう。
私の中で、ボジョレーがもはや崇めの対象に。
| ウメ | ばら色 | 00:33 | comments(2) | trackbacks(9) |
嬉しいおくりもの
beer.jpg

出産祝い返しにいただいた、キリン一番絞り。
断わっておくが、気の早いお歳暮ではない。


最近、友人たちが立て続けに出産したため、
出産祝いを何度も贈っていた。
ベビー服もよいのだけれど、あまり買わないものの方がいいからと、
売り場の人と相談したりして決めて。

それで、お返しに、名前の入ったバウムクーヘンや、
有名パティスリーのマドレーヌなどのお菓子、
ピンクの好きな私にと、ピンク色のタオルのセットなどを送ってくれて、
わざわざ大変だなあとありがたく受け取る日々が続いた。

送るのも返されるのも一通り落ち着いたと思っていたら、
突然、やたら重いめでたい包装紙に包まれた荷物が紛れ、なんだろ?と思うと
幼稚園からの友人がくれたキリン一番絞りだった。
確かに、私は、お酒が好きだ。それを憶えていてくれたのだろう。
色気とか皆無だけれど、私のことをよくぞそこまでわかってくれている、と
ありきたりじゃない型破りなお返しをくれた友人に、
感動した。この発想すごすぎ。

お歳暮を貰ったサラリーマンってこんな気分なんだろうか。
| ウメ | ばら色 | 23:26 | comments(0) | trackbacks(6) |
黒豆だらけ
黒豆ソフト.jpg
植物性たんぱく質とり放題。

念願だった「丹波篠山味まつり」に行ってきた。
かなり短期間の開催で、時期を逃せない。嬉しくて、色々買いたいお店リストを
作ってでかけていった。それにしても思いのほか、遠い。
けれど、着いた瞬間、高まるテンション。かなりの人が篠山に集結していたが、
8割方、枝についたままのタバになった枝豆を持ち歩いている。
絶対に買おうと心に決めた。

あまり上手じゃない中年バンドの曲を聞かされながら、
テントで売られていたごはんを買ってベンチでお昼ごはん。
松茸ごはん、黒豆コロッケ、山の芋汁、山の芋あげを半分ずつ食した。満足。

いよいよお買い物。
地元の酒蔵、鳳鳴酒造に行き、いくつか試飲させていただき、ひやおろしなど3本購入。
山の芋、えだ豆、栗や、清明堂で栗きんとんと、黒豆どらやきを。
お土産に、黒豆せんべい、黒豆ケーキまで。
怒涛の食欲。

いつのまにか、えだ豆のタバを持つ、ちょっと恥ずかしい人に私もなっていた。
篠山ではオーソドックスだけれど、大阪市内まで戻ってきたら、
ただのえだ豆好きな稀有な人でしかない。恥ずかしさ極まりない。

その他、私が食べたかったものとして、黒豆ソフトがある。
これは、ほんのり香ばしい黒豆の香りが口の中に広がって美味であった。
ワッフルコーンも美味しい。

しかし、人手の多さによる悲劇も。
小西のパン」の黒豆パンが食べたくて、並ぼうとしたところ、
「売り切れですー」と目の前で、区切られたのだ。
私は、篠山に着いたときから、黒豆ソフトと黒豆パンを買おうと決めていたのに。
予約しなかった、私の下調べ不足である。ええーっと思ったけれど、仕方ない。
お店に背を向けて歩こうとした、そのとき。
パンの袋をいくつも抱えた上に、パンを頬張る50代くらいのおじさんを目撃。
目の前でチャンスを逃した悔しさと、おじさんに対するうらやましさで、
混乱した私は、涙をこぼしてしまいました。
恥ずかしい上に、痛い自分を自覚しつつも、「パンがっ、小西のパンがっ」と
つぶやきながら、数分ほど泣きました。
同行者も慰める言葉がみつからず。
食べ物で泣く私。食い気への執着の強さに我ながら驚いた1日でした。

調べたところ、小西のパンはネットで購入可能です。
1セット15個、2362円也。
しかし、大家族でもなければ食パンなどの食事パンでもない黒豆パンを、
誰が15個も一気に食べられるだろうか。
篠山は遠い地だ。がんばって15個買いたいが、あきらめるしかない。

黒豆どら.jpg     どら断面.jpg
左:噂の黒豆どら。
右:断面図。予想外にこしあん。どらやき=粒餡と思っていただけに口惜しい。
| ウメ | ばら色 | 22:53 | comments(0) | trackbacks(4) |
30とはいかに
はなたば.jpg

人生あと50年。

とうとう、誕生日を迎えてしまいました。
早朝から、たくさんの人からのおめでとうメール、すごく嬉しくて、
高校生並に、メールしまくりました。
美味しいディナー、花束、面白プレゼントなどのお祝いも。
ありがとう、ありがとう、ありがとう!ってたくさん言いました。
素敵な友達がたくさんいる私って、本当に幸せです。

本当に、幸せなお誕生日を過ごす事ができて、心から
私って幸せだなあと嬉しくなった1日でした。

しかし、なんですか。あれから数日経つというのに、
自分が30であることが信じられず、大人らしく振舞わねばと思えば思うほど、
行動が怪しくなってきた気がします。ちょっと低めのトーンで話したり。
大笑いしなかったり。どうしたの、無口になって、と言われたり。
――背伸びせず、今までの自分のままでいようと思います。

無理はしないけれど、いろんなことに貪欲でいたい。
身の丈を知りながら、経験と好奇心のバランスをとって、
新しい世界に向かってゆけたら。
そう思っています。

今週1週間で、日本料理×2、フレンチ1、イタリアン1、って
いう豪華さ。身の丈外ですが、特例ということで。

| ウメ | ばら色 | 23:08 | comments(2) | trackbacks(2) |
至福
beer.jpg

幸せすぎる絵。

仕事帰りの生ビールは、おいしい。
おいしすぎる。

お料理が運ばれるのを待つ時間だけで、
1杯飲み干してしまいそうになる。
中高年男性のようだけれど、幸せなのだから仕方ない。

| ウメ | ばら色 | 23:55 | comments(2) | trackbacks(0) |
あたらしい足
ashi.jpg

近日、靴擦れを起こすだろう。このヒールだし。

あたらしい服、あたらしいバッグ。
身に付けるものが、自分の仲間に加わると、
それだけで、しばらく、幸せな気持ちになれる。

中でも靴は、何か特別感が抜きん出ている気がする。
足という、幻想的でありながら考えるのも悲しいくらい
ものすごく現実的なパーツを美しく装ってくれるものだからなのか?

ちょっと、3分ほど考えてみたのだけれど、
特別感の正体はわからない。放棄放棄。

さて、あたらしい靴である。
靴は、なんて事はない私の足を、ちょっとましに見せてくれる。
なんだか、嬉しくて、枕もとに置いて眠りたいほど、嬉しい。

一度履いてしまえば、間違っても枕もとになんて
置きたくなくなるけど。


| ウメ | ばら色 | 23:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

このページの先頭へ