ウメとウグイス

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
「仙太郎」の茶だんごレポート
dango.jpg

茶だんごではない。
厳密にはだんご(茶入り)として売るべきだ。


京都の和菓子屋「仙太郎」の茶だんごを購入しました。
見た目からして、お茶の色が濃くないのは
わかっていたのですが、「美味しいかも」という思いと、
生菓子であまり茶だんごを見かけなかったので、
食べてみたくなり、つい買い求めてしまいました。

食べてみると。
もっちりとした弾力が、とても心地いいのが、一番の魅力。
お団子の粒が、大ぶりであるにもかかわらず、
胃にもたれない、軽さも、素敵!
食べ応えがあるので、満足感が得られるのに、おなかが重たくないなんて!

肝心のお茶の風味ですが。
案の定、お茶の味は、「かすかに」感じられるか感じられないか程度。
そこが、そこだけが、残念でした。
| ウメ | 和菓子 | 21:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
こだわりどら焼舞鶴(鶴屋八幡)
どらやき

ふっくら焼き上げたどら焼。やや「ふっくら」しすぎか。

鶴屋八幡で、どら焼も購入してみた。
私は、どら焼/三笠が、好きだ。
別に、ドラえもんの影響を受けているわけではないのだけれど、
むかしから、洋菓子よりも和菓子を好んでいた。

そんなことはさておき、
鶴屋八幡のどら焼は、1つ189円、とどら焼界の中では
ちょっと高価な部類といえる。
丹波大納言小豆をじっくり炊き上げているそうである。
そんな商品説明に、惹かれてしまったので、期待も膨らむ。

で、食べてみたところ、確かに、確かに、小豆は美味しい。
皮は、「ふっくら香ばしく」焼き上げた、と書いてあるが、
私には「ふっくら」の部分しか感じられなかった。
ふっくらしすぎて、皮の存在感がちょっと遠いくらい。
もう少し、庶民的に「皮です!」と、主張してくれたほうが、
私は好きだ。
ふわっとしつつも、ちょっと歯ごたえがきっちりしている方が。

ふっくらと、なめらかなので、さらっと食べたい方には、
とてもオススメだ。

鶴屋八幡のお菓子は、3品しか食べていないけれど、
どれもお上品であっさりした、まとまったお味なので、
あっさり系が好きな方、お年を召した方には向いているかもしれない。
私は、あっさりした味が好きだけれど、ちょっとお上品すぎるところが、
物足りなく感じてしまった。

数年したら、通い詰めているかもしれない(それはそれで淋しいけれど)。
| ウメ | 和菓子 | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
もなか有磯(鶴屋八幡)
もなか

相当こしている、こしあん入り。

鶴屋八幡でもなかを購入した。
こしあん入り。
もなかの皮は、口の中の方々に張り付く(現実的な話ですみません)ので
あまり好きではないのですが、どうせならと、購入。

実際に食してみると、非常に上品な甘さであっさりとした味わいです。
こしあんは、「がんばってこしました」という、
職人か工場かわからないが、ともかくもこしにこしたんだな、という
作り手の方の顔が見えるようなくらいの、なめらかさ(わかりづらい)。
しかも、味が、濃い。美味しい。

しかし、そこは餡子。
もなかの皮の軽さ、餡子のなめらかさや柔らかい甘さに、
すっかりいい気分になっていたら、
後々、胃にずっしりのしかかってくる重さがある。

これは、もなか全般にいえることなのか、
このお店のもなかがそうなのか。
もなか初心者の私には、わからない。
| ウメ | 和菓子 | 23:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
さつま大納言(鶴屋八幡)
大納言

和風スイートポテトらしい。確かに。210円也。

デパートの地下に入っている「鶴屋八幡」で、
「さつま大納言」という商品を購入。

和風スイートポテト、という和洋折衷な存在が気にかかっていたのだ。
早速食べてみる。
一般的なスイートポテトに比べて、素朴であっさりした風味が
感じられました。あっさり好きには、嬉しい美味しさ!
金時芋と大納言小豆を使用しているらしいのですが、
そのあたりの素材の旨みみたいなものは、私には感じられませんでした。

でも、全体的にとてもお上品にまとまっています。
各々が主張せず、協調性のある味です。
あっさりしたものが好きな人には向いていますが、
若い人(って私も一応…)や洋菓子好きな人には
あんまりかもしれません。

もっと、コピーや広告を考え直せば、
大人層にも受けるのではないかと、余計なことを考えてしまいました。

| ウメ | 和菓子 | 10:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

このページの先頭へ