ウメとウグイス

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
芸術家にふれる
何気なく入った飲食店で、ある女性の個展をお知らせするはがきを受け取った。
そのギャラリーが、会社の近くだったので、
2日後のお昼休み、ランチを買いに行く途中で、ギャラリーに立ち寄った。
そのレトロなビルは、以前から入ってみたい!と思っていたので、
正当な理由により、足を踏み入れることができて、嬉しかった。

ギャラリーは2階の真中の、こじんまりした一室にあった。
部屋の真中に、彼女が作った作品がデデーンと鎮座。
固い糸を蚊帳のように織りこんでいる、2.5mはあろうかというオブジェ。
羊の毛(しかもリアル)や、木や、なんか、色んなものが、
もわもわ織り込んである。中に入れるらしい。
自然の声を織ったというその作品は、大きさに圧倒されつつも、
言いようのない安らぎと、驚きを与えてくれた。

部屋には、作者であるハヤシさんという、大学卒業後1年の若い女性と、
もう少し大人の女性と、芸術家風のおじさん(先生と呼ばれていた)がいた。
そして、勤め人の私の計4人しかいない。
サッと入って、パッと出る、というドライな鑑賞のできる空気はなく、
お茶を進められたこともあり、ハヤシさんとしばし会話をすることになった。

しかし、私は、そこでハヤシさんと相当会話を交わしてしまった。

子供のころから工作や何かを作ることが好きだったこと、
なぜ芸術を目指すようになったのか、
お金のために何かを作るのはいやで、作るために生活をしたいこと、
今後の展望、制作の方向性での少しの迷い、
といったハヤシさん自身のことや。

羊の毛の入手先、木は近所から拾ってきたこと、
機織は自宅にあり、こつこつ織っていたこと、
といった作品に関することや。

アイデアは普段思いついたら書き留めておくこと、
何かを表現していないとだめ、といった
芸術家としてのハヤシさんに関する事。

などなど、それだけで記事がかけそうなくらい
豊富に色々聞いてしまい、ハヤシさんは、聞いた以上に
たくさん答えてくれた。素直で、おだやかな、素敵な女性であった。

私は、人にとても興味があるので、どうして?と思うと、
聞きたくなってしまう。大抵の人は、喜んで答えてくださる。
ハヤシさんの場合は、とてもすらすら答えてくださった。
彼女の感性は、とてもピュアなのだと、思った。

普通の勤め人の私にはない、その感性と表現力をとてもいいなと思った。
朝から仕事に追われていたので、昼休み、素敵な作品に出遭えて、
私のこころも洗われ、お昼からの仕事もはかどった。
私は、ハヤシさんと、ハヤシさんの作品からエネルギーと、リフレッシュと、
刺激をもらい、幸せな気持ちになった。
| ウメ | いやし | 12:48 | comments(0) | trackbacks(3) |
足から健康に
お盆休みに、足をきれいにしておこう。
という友人の素敵な提案により、梅田まで角質をとりにいってきました。

お世辞にもきれいとは言いがたいビルの地下にあるお店は、
簡素な店構え。知らなければ入店にかなりの勇気が。

まずは、スポーティなパンツに着替えさせられる。
上半身は、自分の服なので、あまりのアンバランスさに恥ずかしさ最高潮。
まずは、足をお湯につける。
ただ椅子に腰掛けているだけなので、本当にきれいになれるのか、ちょっと不安。

次に、個室へ。
ここで足の裏をまじまじと見られる。
かなり恥ずかしい。間違ってもきれいとは言えない我が足を、
他人に見られるのは、恥ずかしい。でも、きれいになりたいので、堪える。
気が付けば、「シャーッ、シャーッ」という機械的な音とともに、
我が足裏の角質を削られていた。自分の身体からそんな音が発せられるとは。
気持ちよくもなく、気持ち悪くもなく、不思議な感覚。
ヒールのあたる部分が固くなっているらしいが、職場についた瞬間に
ぺたんこ靴に履き替えているため、比較的状態がよいとのこと(嬉)。

その後、マッサージもお願いしてみた。
痛い。激しく痛い。
しかも、なぜか耳にあたる小指近辺が、痛い。
思わず、「誰か助けてーー!痛いッ私の耳に一体何が!?」と叫んでいた。
担当者の方も、仕事なのに、私に叫ばれて気の毒である。
しかし、終了後、あまりの爽快さに、全身脱力してしまった。
「もう終わりなんですか、本当に終わりなんですか」と言うと、
「じゃあ、少しだけ」とサービスでマッサージしてくださった。
いい方だった。感謝の気持ちでいっぱいだ。
だが、スタッフを困らせるようなことは、今後慎もう、いい大人なんだし(29)。

あまりに脱力した私は、何度もよろめき、切符を手から落とし、
逆方向のエスカレーターに乗ろうとして、友人に本気で心配された。
マッサージ効果、甚大なり。

また、角質をためて、通おう(ケアをすればいいのだけれど)。
部分でも、きれいになれば、全身すっきりする。
よいお盆休みの1日であった。

| ウメ | いやし | 20:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
なつやすみ
大阪ビジネスパークで開催中の
あわれ彼女は娼婦」(深津絵里、三上博、谷原章介 出演)
を観に行った。

映画とかお芝居とか、嫌いじゃないけれど、
誰かと一緒でもじっと椅子に座ってひとりの時間を過ごさないと
いけないので、ちょっと苦手です。

でも、深津絵里に、三上博。
みたい、肉眼でみたい。
ただそれだけの動機で、でかけました。

ストーリーは、
兄と妹が近親相姦の関係になり、子を宿すというもの。
美しい妹は、身ごもったまま求婚を申し込んだ男性のもとに嫁ぎますが、
別の男性(実の兄)の子を妊娠していることを知られ・・・

という非常事態連発の設定です。

なんか、最後になるにつれて、衝撃というか凄まじくなり、
収拾がつかなくなっていくので、見終わったあと、ものすごい
消化不良な気持ちになってしまいました。

深津絵里は、ドラマの方が上手ですね。というか、かわいさとか
魅力が過不足なく伝わっているように思いました。
華奢で美人。それを肉眼で確認できてよかったです(何目的なのか)。
三上博は、芸術的な感じが、素人目にも伝わってきました。
客席を走り抜ける役者たちにどきどき。
俳優の持つ槍が、自分に刺さりはしないかと、ひやひや。
実際刺さったら、三上博に会えるかな、ってそんなので会えても
嬉しくないのですが。
退屈してきたら、そういうつまらないことを考えてしまいがちです。

今回は、3時間の長丁場でしたが、手に汗にぎる展開で、
割りと集中できました。

また、何かのお芝居を、みにゆこう。
高エネルギーをキャッチできる気がするし、感性も研ぎ澄まされます。
動機はミーハーでも、終わりよければすべてよし(こじつけすぎ)。
| ウメ | いやし | 01:06 | comments(0) | trackbacks(1) |
一杯のぬくもり
珈琲.jpg

ビジネスマンのともだち、ドトールコーヒー。


朝一、仕事の関係で打ち合わせがあった。
そのとき、担当者の方がおもむろに取り出したのが、ドトールのコーヒー。
「飲みたくなったらから」と、
私のぶんまで、机に置いてくださった。

春とはいえ、ちょっと肌寒い朝に、しかも朝いちばんに、
あたたかいコーヒーをいただいて、わたしはとても嬉しく、
「キラリーン」という電子音を発しながら、
記念に携帯カメラで撮影した。

コーヒーは基本的にブラックなので、
そのままいただいた。
ほろにがくて、コクがあって、とてもおいしい!!!
ドトールのコーヒーを、美味しいと感じたり
味わって飲んだのはこれがはじめて(ごめんドトール)。
ひとのやさしさで、味が変わることを知りました。
ごめん、ドトール。
| ウメ | いやし | 13:17 | comments(2) | trackbacks(1) |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

このページの先頭へ