ウメとウグイス

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
おでかけに思う
 春以降、出張が多いです。

会社にいると、出張する人をうらやましく感じるけれど、
自分が行くとなると、途端に気重になる。
おでかけは、あまり好きではありません。

資料の準備、服、靴、など、おでかけのための準備は、
心の負担になる気がします。

忘れ物したらどうしよう、とか。
鞄の中、入れ替えなくちゃ、とか。
スーツのインナー何しよう、とか。

挙句、泊まりだったら、お泊りセットの準備もあって、やんややんやの大騒ぎだ。
騒ぎにしているのは、自分なのだけれど。

でも、知らない街に行く事ができるし、
知らない人に出会うことができます。
仕事をしていなければ、できないことで貴重な体験だなあ、っていつも思い幸せになります。

しかし何より幸せなのは、少しでも楽しみをみつけよう!(だって仕事は仕事だし)と、
その土地の美味しいものを探すこと(結局食なのか)。

あるときは、ごはん屋さん、cafeなどのプリントアウトが、
「仕事の資料よりも多いね」といわれるほどに。
あるときは、前の日の夜からお店を予約してしまうほどに。
食べログとかで、評価をチェックして。
タクシーの運転手さんに郷土料理のお店を紹介してもらったり、
ついでに観光ガイド的なことをお願いしたり。

そして、毎回、美味なものに出会え、幸せな気持ちになります。

でも、いやなのが、行き帰りの移動です。

夜、新幹線に乗ったら、
見事なほど、サラリーマンのオジサンばかり。
まあ、朝乗ってもオジサンばかりなんですけれども。

夜の場合は、そこかしこから、
「プシュー」「プシュー」と、ビール缶を開ける音が聞こえ、
「ひくしゅっ」と大音量でくしゃみをする音が聞こえ、
貧乏ゆすりをするのが視線の端に見えてしまい、
何より、なぞの「おじ臭」がただよっているのが、苦痛でしかたありません。

まあ、私も一緒になって、「プシュー」とか「ひくしゅ」とか、
してしまえばいいんでしょうけれど。

移動が楽しくなれば、いいのに、と思いながら、
今月も出張三昧の生活を送ります。

| ウメ | ひとりごと | 23:32 | comments(30) | trackbacks(111) |
生きてます

随分更新しませんでした。
自分のブログなのに、覗くことも、消すことも、しませんでした。

あれから、驚くほど時間が経ったというのに、
何も変わっていません。

変わらず、えいほ、えいほと働き、
ご飯をたべ、お酒をのみ、
笑って、泣いて、なだめられて、
毎日を送っております。

変わったことといえば、お料理教室通いが1年以上つづいていること。
色んなジャンルのお料理、テーブルコーディネイトなど、
勉強になることがたくさんあるっていうのに、
私のしていることといえば、
ごまをすったり、ピスタチオの殻をむいたり、お豆腐をほぐしたり、ささみをほぐしたり、
そんな感じのことばかりで。

あと、焼肉を月に1度は必ず食べていることぐらい。

そして何より歳を重ねてしまったこと。

そんな感じで、ぼちぼち毎日を送っています。

また、時々更新するかもしれません。

以前のような食い気は減ってしまったけれど。
おかげで体重も相当減ったのでよいのだけれど。

| ウメ | ひとりごと | 01:11 | comments(4) | trackbacks(6) |
わたしと京都抹茶パフェ
私の抹茶パフェ写真が集まったので、少し振り返ってみたいと思います。
久しぶりのUPが、抹茶パフェ。食い気は衰えておりません。

,おん小森小森

ぎおんの白川あたりに桜を観に行ったので、京都京都しようと、
ぎおん小森へ。抹茶プリンパフェ。
上の抹茶アイスは美味だったものの、中のプリンはもさもさ、
スポンジはどろどろふにゃふにゃで、正直、私には合いませんでした。
ゼリーは抹茶と寒天が入ってましたが、ぬるいので冷やしてほしかった。
餡子も、申し訳なさ程度。
ロケーションのみ申し分ない感じですが、サービスとかもさしてよくないし、
何よりあの品質で1300円とるなんて、割と信じ難い。
また、すっかり忘れた頃に、町屋を味わいたくて訪問するかもしれません。

中村藤吉本店
藤吉
JR宇治駅のすぐ近くにあります。前から行きたくて行きたくて。
素敵な日本家屋で、厳かな感じが素敵極まりないです。
白玉は、いまいちでしたが、餡子と白玉とアイスとぜりいのバランスはよく、
面白いほど、あっさり食べきれてしまいます。ぜりい美味!!
大盛り、特盛とかあったら、楽しんでしまいそうな自分が怖いです。

私が行ったときは、雪が降っていたので、庭園の景色もすばらしく、
見とれてしまうほどだったのですが、
ただでさえ寒いのに、みずから身体を冷やすようなものを食べてしまい、
お店をあとにするときには、「寒いよう寒いよう」とつぶやく始末。
でも、お上品な味で、再訪したいです。
おすすめおすすめ。

c園小石
小石
八坂神社前にある、飴屋さん。
月替わりの飴を売っています。どれもかわいいし、懐かしい味。
ここのパフェを時々食べますが、なかなか美味。
食べ応えがありながら、お上品な味、かつ、単調じゃない、と
かなりハイレベルな構成・味です。
結構大人が多いかも。黒糖パフェなんて、おだやかな味で、幸せ極まりない気持ちに
なりますが、根っからの抹茶好きとしては、「ここは黒糖頼んだほうがいいかな」と
いう気持ちに勝てず、抹茶を頼んでしまいます。
おすすめおすすめおすすめ。

づ塹里
つじり
大学生のときから、私はつじりが大好きで仕方ありません。
大人になって「抹茶ばかりでちょっと大味だな」と、年齢を経たなと
実感することもありますが、それでも、これは、他には負けない
THE抹茶!!感があります。
圧倒的な存在感、腰の引けていない堂々たる姿・味・構成。
京都らしい奥ゆかしさとかはあまりないですが、
真っ向勝負な男らしい感じが、とても魅力的だと思います。
ゼリーももちもちしてるし、カステラも食べ応えがある。
生クリームも抹茶味。抹茶アイスもたっぷりと。
食べ終えた後、しばし無言になるほどの満足感と達成感。
なんか、語りすぎですが、とりあえず、すきです。
真冬に、歯をがちがち言わせてもいいから食べたいと思わせる
パフェはそうありません。
おすすめおすすめおすすめおすすめ。

2008年も、機会があれば抹茶パフェを食べつづけたいと思います。
今年最初のブログが抹茶パフェ。
遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします。
| ウメ | 喫茶・甘味 | 23:16 | comments(1) | trackbacks(32) |
注射ぎらい
昔っから、注射が嫌いです。
どこも開いてないのに、いきなり皮膚に針を刺すなんて、
痛くないわけありません。
痛めつけて、身体よごめん、って感じです。

それが嫌で会社の健康診断も2年ほどお休みしていたのですが
もしも、肺に白い陰が映っていたり、血液検査でひっかかったりしたら
どうしよう!?という恐怖を払拭するために、相当勇気を振り絞って、
受けにいきました。

血液検査のところで「大人げないってわかってるんですけど、
注射が怖いです」とせつせつと訴えたら「私も怖いですよ。でも、楽しいことを
考えていたら早く終わります。もうすぐクリスマスですから
楽しいことを考えましょうね」と優しく諭されました。
31歳。ここまで優しくされると、いい加減強くなろう、と思えてきた。

夕方。勢いづいていたので、インフルエンザの予防接種を受けにいきました。
小学生以来です。1日2回も、針を刺すなんて、それが出来たら、
かなりの快挙だ!と思いました。
でも、待合室では、目が泳ぎまくり、ため息がこぼれまくり、
鼓動が激しくなり、かえって身体に悪いのでは?という状態に。
同行者にも「こわいよう、こわいよう、どうしよう」と訴えたりして。

順番が来て、看護婦さんに「どうしても怖いです。痛いですよね。
どうしよう、どうしよう」と迷惑な訴えをしてしまい、そのせいで
「動かないでください」といわれる始末。恥ずかしい。
そして。終わった。でも、そこそこ痛かったです。
あまりの恐怖からの解放のせいで、かなり涙目になってしまいました。

待合室の患者さんにも「もんだほうがいいですよ」とか
話し掛けられたし。他人にねぎらわれるほど、あからさまに恐怖を感じていたらしい。

情けないけれど、ものすごい快挙をなしとげたって感じです。
いろんな人に「私がんばった」とお伝えしてしまいました。
もう、今夜はパーティだ!くらいの気持ちでした。

何か、世間的には「そんなことで騒いでどうするの」的なことだと
重々承知していますが、人間やればできるもんですね。
ひとまわり成長した気分です。たかが注射でこんな気分になれる自分がいます。
ああ、がんばったがんばった。

| ウメ | ひとりごと | 23:56 | comments(0) | trackbacks(1) |
紀伊国屋パラダイス
仕事帰りに、デパートに寄ろうか、本屋に寄ろうか、迷った挙句、
紀伊国屋に行くことに決めた。
二者択一にしてしまうほど、本屋さん滞在時間が長くなりそうな気がして。

会社の近くにある紀伊国屋まで歩くこと10分。
先日新聞で見かけた「いつまでもデブと思うなよ」が平積みされてたので
買うことに決めた。何かちょっと面白そうが気がした。

それから料理本コーナーに行き、シャンパンやワイン、日本酒について
書かれた本をパラパラ読んでみたりした。
シャンパンの科学の本は、新聞に載っていて、気になってたけれど、
本当に科学的なことが書かれていたので、やめた。
結局、日本酒の本を買うことに決めた。
一度、日本酒のことをちゃんと知りたいと思っていたのだ。
もっと知れば、もっと選び方も変わるだろうし。

次に、文庫本コーナーに行った。
最近、島田洋七(びっくりするほどすぐに読める)、東野圭吾など、
ちょっと流行の人の本ばかり読んでいたので、
少しかための、日本語のきれいな人の本を読みたいと思い、
ベタだけれど、三島由紀夫と谷崎潤一郎の本を一冊ずつ買うことにした。
どちらも美を意識した作品が多いので、日本語もきれいだと思う。
登場人物の女性の言葉遣いとか。
「きっと●●なさってね」とか今の時代に、どこで使おうか難しい表現も
多いけれど。
適当な言葉で片付ける乱暴さに疲れたら、こういう本で、空気を入れ替えてみる。

そして、最後に、児童書コーナーに。
友達2人の子(各1歳)に、クリスマスに絵本をプレゼントしようと思って。
クリスマスの本にしようと思ったけれど、何か、絵がかわいくないし、
絵や物語がかわいい!と思ったら、対象年齢が結構上。
年齢別絵本コーナーに行ったけど、どうにもピンとくるものがない。

私は、こどもの頃、1歳位から毎晩2冊くらい本読みしてもらってたし、
本もたくさん買ってもらってたし、幼稚園でもたくさん借りてたし、
絵本大好きだから、こどもの目線で考えられるだろう、と
たかをくくっていたけれど、実際は、音の出る絵本、とか、
ピアノがひける絵本、とか、大人目線で「こどもが興味もちそう」と思った本ばかり
手に取ってしまっていた!
私も齢31、立派な大人なんだから、仕方あるまい。
実際、音が出たりする仕掛け絵本は、きっとこどもは面白がるんだろうな。
でも、何度も繰り返して読む本って、音より物語や絵に惹かれていたような気がして、
結局、絵と物語のかわいい、くまの本を買った。
くまのシリーズの本。激しくかわいい。
2冊べつべつのを買い、くま柄の包装紙に包んでもらった。

最後に、「料理王国」という雑誌を少し立ち読みしてみたら、
シャンパンやワインに合う料理を特集していて、素敵だった。
ワインはカタカナだし、産地も品種も多すぎて、難しすぎる。
でも、いつか、きちんと、勉強してみたい。

そんなこんなで本をたくさん買って、その重さの分、幸せな気分で家に帰りました。
1時間半くらい、居たので、ちょっと疲れた。
今日は、仕事以上の充実感に浸れました。
| ウメ | ひとりごと | 22:59 | comments(2) | trackbacks(3) |
週末の難波
会社帰りに、日本橋の四川料理屋さんに行ったら、
関西ローカルのアナウンサーに遭遇しました。美人でした。
ごはんを食べて、お酒を飲んで、
難波の方に歩いていたら、とてもレトロで怪しい、昭和40年代風の喫茶店が
あったので、入りました。他によさげなお店もなかったし。

そしたら、関西ではそこそこ有名な漫才師が、普通のOL風女子二人と
待ち合わせして来店するところに遭遇しました。
でも、漫才師は、席に座るやいなや、女子に財布型に曲がった
1万円札を渡していました。
なんだか、不思議な光景。

大阪って、本当に、普通に芸人とかちょっとした有名人に遭遇する街です。
東京みたいに誰か聞いて!と言えない人なところが、
大阪だなって感じですが。
そんな感じで金曜の夜はふけてゆきます。
| ウメ | ごはん | 01:49 | comments(0) | trackbacks(3) |
特に変わっておりません
ものすごく更新していなかったのに、
このURLはちゃんと存在しているんですね。不思議です。
ご無沙汰にも程が、と思うほど、更新しなさすぎました。

この間、何があったわけでもなく、相変わらず、食べて、飲んで、働いてを
変わりなく繰り返しています。

面白かったことといえば、松雪泰子、阿部サダヲの舞台「キャバレー」や、
池田鉄洋主宰の劇団猫のホテルのお芝居をみたことでしょうか。
そんなエネルギッシュで贅沢な時間はない、と思います。
幸せです。また来年も折を見て、お芝居を観にいこう。
あと、京都まで「狩野永徳展」に行ったりしました。絵のうまい人でした。

食べものは、相変わらずいろんなところに行っています。
食べたり、飲んだりしすぎて、書ききれないほどです。
焼肉、韓国料理、四川料理、和食、イタリアンバール、ハービスのフレンチ、
焼鳥屋、広島焼き、カレー、大阪駅前ビルのおやじ日本酒屋など、
その他、数え上げればきりがないほどです。
そこそこ、楽しくしています。

今年の収穫といえば、韓国の焼酎「チャミスル」が大好きになったことでしょうか。
あれは、おいしいです。何か、得たいのしれない緑の瓶に入っていますが、
あれは、おいしいです。

あとは、月1回、テレビなどで活躍なさっている
フードコーディネーターのお宅に、お料理を習いに行っています。
テーブルコーディネイトも毎回素敵で、食器もお料理も、サーブ方法も、
いろいろ勉強になります。
でも、肝心のお料理は、1ミリずつしか上達していません。

そんな感じで、相変わらず食のために生きてる、みたいな
不思議なスパイラルに陥りつつも、風邪もひかず、元気にしております。

また、時々、いつものように、しょうもないことを
書き込んでゆきたいと思いますので、
どうぞよろしくお願いします。

みなさま、どうぞ、お風邪など召されませんように。

| ウメ | ひとりごと | 00:39 | comments(0) | trackbacks(1) |
ミイラ三昧
チケットがあるから、と誘われて、
京都文化博物館の「ナスカ展 地上絵の創造者たち」を観に行きました。
意外にも、多くの人で賑わっていてびっくり。
最初の方からいきなり並んでいたので、いつもならじっくり観たいと思うけれど、
どうやら壷だったので「壷だし飛ばそう」と後ろの方から遠巻きに眺めていたら、
ほとんど壷だったので、ものすごい速さで、観終わってしまい、
あらら、という感じになってしまいました。

この地は、雨がほとんど降らないらしいので、水をためておく貯蔵容器が
必要で、だから、壷にたくさん絵が描かれているのかな、と思いました。
壷を見た私は、「そこらへんに売ってそう」と言ってしまいました。
子供のお皿とかに描かれてそうな絵に、私には思えました。

そんな感じで快調に飛ばしていたら、ミイラのコーナーに。
これまで観たミイラは、静かに横たわっているものばかりだったのに、
ここで展示されていたのは、座っている6歳の子供のミイラでした。
とても小さく、かつリアル。
びっくりしていると、その奥に大人のミイラが。
ミイラは、人工的に作られることもあるけれど、自然にできることもある、と
いうことで紹介されていましたが、自然なだけあって、ものすごい苦悶の表情で、
歯をむきだしにし、両手で顔を覆っていて、その最期が穏やかじゃなかったことを
容易に想像させられるものでした。
一言でいうと、怖かったです。
もう、一瞬見ただけで、逃げたくなるような。
それを見るのも失礼な気がしました。見世物じゃないのに。

その後は、頭蓋骨、壷、壷、とこわいかゆるいかの、極端な展示がつづき、
鑑賞時間が短かった割には、精神的にとてもつかれました。
最後に、ナスカの地上絵の解説。やっと、心穏やかになれた瞬間でした。
やっぱり、私は、仏教とか、西洋画とかが向いているように思います。

散々懲りたはずなのに、今日、テレビでエジプトの謎番組と、
インカ帝国の謎番組があり、見ていたら、両方ミイラが出ていました。
これまで生きてきて、こんなにミイラを見た事はなく、ちょっと動揺しています。

砂漠や乾燥地帯の文化は苦手だと痛感しました。
この秋の、狩野永徳展を観に行こう。
| ウメ | 京都のイベント | 00:02 | comments(0) | trackbacks(6) |
やさい料理
久しぶりに料理をした。
外食が続いたり、仕事が遅くてろくにご飯を食べなかったりすると、
無性に野菜が食べたくなります。

作った、といいつつ、写真をUPしないのは、
ややずるいとは思いますが、想像していただいたほうが、
見た目がきれいだと思い、あえて撮影しませんでした(言い訳酷)。

作ったのは、
・ゴーヤチャンプルー
・タマネギの肉巻き、マスタードソース添え
・夏野菜サラダ
です。これだけでお腹一杯。胃にも優しくて、幸せです。

最近、沖縄料理屋さんに時々行くので、ゴーヤチャンプルーが
異様に好きになってきました。
豆腐とたまごがまろやかさを際立たせてくれます。
ビールが進んでしまうのも、無理はありません。
ほろ苦いもの好きには、幸せな料理です。

タマネギは、贅沢に2個を縦1cmに切って使います。
そこに、豚バラの薄切りを巻き、根気強く焼けばできあがり。
マスタード・ワインビネガー・トマト・パセリ・塩コショウを混ぜた
ソースをかければ、食べられます。
私でもできるお料理。貴重な一品です。

サラダは、あまったタマネギとトマト、オクラを入れただけ。
これまた私にもできるお料理。

だましだまし、お料理を作ることを習慣化し、
自分のすきなものを食べられるようになりたい。
いまさらだけど、今後の目標にしよう。
もう、あと3ヶ月で1年終わりだけど。
| ウメ | ごはん | 22:37 | comments(2) | trackbacks(3) |
すれちがうふたり
パティシエの友人が夏休みをとって、1年ぶりに東京から遊びにくるという。
前前から「もし、関西に来るなら、言ってね。有給とるから」と
言っていた。
なのに、なのに、神様はなぜ。
その日に限って、ものすごく久しぶりの東京出張を私にお与えになったのか。

友人が東京から関西へ。私は関西から東京へ。
なんでこんな確率ですれちがいが。
この偶然を、宝くじとかに活かせないものか。

それにしても、遠出は疲れますね。
旅行だったら嬉しくて景色を見ているのに、富士山を見逃すまいと見ているのに
(いつの時代の子なのか)、出張となると、ほぼ全寝です。
| ウメ | ひとりごと | 23:55 | comments(0) | trackbacks(6) |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

このページの先頭へ